スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上彰のメディア論・・・この人、終わっている

人工知能やロボットに負けない生き方
04 /16 2017
 池上彰氏のメディア論についての記事を読んだ。「ネットの情報は嘘ばかりだから人を引き付ける。テレビや新聞は真実しか報道しないので、その嘘に勝てない。だからメディア全体がだめになった」みたいなことを言ってるのだが、正直、終わっていると思う。この人は完全にテレビなどの大手マスコミ側の人間だから役割的にそういうことを言うしかないのだろうけど、これでは、擁護しようがない。

 たまにこの人がテレビに出てるのを見る。テレビはあまり見ないのだけど、この人の露出は多いようなのでたまにテレビを見るとよく見かける。その時は人工知能やロボットについて解説していた番組だった。うんうん、内容はともかくとして、この人がこの手の話をするのはいいことだと思う。

 まぁ、それは、いいのだけど・・・この人って、ほんと、何も知らないド素人なんだよね。ほんとに何も知らない。でも、何も知らない評論家だからこそ、何も知らない素人にわかりやすく説明することができる。その点は見習いたいものだ。私が最も苦手とすることだ。そこは素直に尊敬しないといけないと思う。

 それに、この人、頭がいいね。自分が無知だということをよく知っている。けして、墓穴を掘るようなことは言わない。「人工知能やロボットが人間の仕事を奪う」ということを明言しているのだが、それに対してどうすればよいのかの対策は言わない。いえば墓穴を掘ることは目に見えているからだし、そこを無理していうほど、うぬぼれていないように見える。この人の役割を考えると人工知能やロボットの社会進出が人間にとって危機的な状況になるということを言っただけでも価値はあると思う。それも認める。この人の役割は大きい。

 しかし、このメディア論は残念でしかない。これでは最近の若者たちの論調にさえ完全に負けている。もう、この人の話に耳を傾けるのは有害でしかないと思う。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。