スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第6回】タイムマシンの作り方 ⇒ 序章・はじめに ⇒ 既存の科学の2つの欠点と、それを補う新しい科学と量子力学

【序章】はじめに
03 /17 2017
【第6回】タイムマシンの作り方 ⇒ 序章・はじめに ⇒ 既存の科学の2つの欠点と、それを補う新しい科学と量子力学

 既存の科学には大きな問題があります。致命的な欠点があるのです。では、なにが問題なのでしょう?

 あの元素の周期表を見て、なぜそこに設計思想があってそれが自然現象ではないと気づけないのでしょうか?誰もそれを口にしないのでしょうか?誰もそれを指摘しないのでしょうか?こんなことは、誰でも、簡単に気づきそうなことです。

 そう、あれをあくまで自然現象なのだと決めつけて、それ以外の考えを受け付けないというのでは、何もわからなくなってしまいます。実際に、結局は物質が何からできているのかわからないままです。

 なぜ、既存の科学がこうなってしまったのか、思い当たるふしはあります。まずは、私自身の経験ですが、子供のころ元素の周期表を見て、びっくりしたもののおかしいとは思わなかったのは、それは、まだ何も知らない子供だったからではありません。私の子供のころはまだITという概念が一般的ではなく単にITを知らなかった、だから、気づくことができなかったということです。あれから大人になってITの勉強をしてITの仕事をするようになって、やっと気づくことができる現象だったということです。

 科学の歴史が意地悪をしたのです。もしも、ITが既存の科学よりも前に、元素の周期表ができる前にITが発明されていたなら、おそらく周期表はまったく別の解釈をされていたでしょう。学校の授業でも別の教え方になっていたと思います。

 つまり、既存の科学の最大の欠点は、後発で発展してきたITの観点がまるまるごっそりと抜け落ちているということです。ずっと、100年以上前のレベルのまま成長がストップしてるのです。もし私がITの勉強をせずにITの仕事もしないでまったく別の道を歩んでいたとしたら、たとえ、歳を取って既存の科学を存分に勉強する機会があったとしてもこのことに気づきはしなかったでしょう。

 それと、もうひとつ。既存の科学には『利権』というものがあります。これが大きな邪魔をしているようです。特にノーベル賞関係の『利権』が大きいと思います。ITの観点を取り入れて既存の科学を検証しなおすとしたら、過去の『利権』を数多く捨て去らねばならなくなります。関係者はそれを避けたいのでしょう。「正しい、正しくない」の理屈よりも『利権』の方が大事なのです。

 これは『科学』だけではなくほかのカテゴリーも同じですね。『政治』や『経済』も、正当性や社会全体への貢献度よりも一部の人間たちの『利権』が最も重要視されます。けして、これを捨てようとはしません。これが既存の科学のもうひとつの欠点でもあります。もしかしたら、関係者は既存の科学が間違っているということをわかっているかもしれません。しかし、それまで築いてきた巨大な『利権』を手放したくはないので、その間違いを認めるわけにはいかないということです。

 少なくとも量子力学の学者たちはそれを知っているようにも思えます。彼ら彼女らは、それらに反抗してきました。実際、相対性理論とはまっこうから対立していて、実質的には打ち負かしています。表向きはまだ相対性理論は圧倒的な力を持っていますが、私から見れば量子力学が勝っているように見えます。

 たとえば、光速を超えるものの存在も発見しているようですし、なんといっても社会的にも経済的にもその貢献度は非常に大きいです。電子レンジなどの家庭電化製品の開発やパソコンなどのIT関係の製品開発への貢献度、それはもう、いくら賞賛しても称賛しつくせないです。今後は量子コンピュータの発展にも多大な影響を与えることになります。ほかにも特筆すべきことはいっぱい、ありますが、このくらいにしておきます。


 話を戻します。

 既存の科学とはもう少し具体的にいえば、『自然科学』のことです。『自然科学』とは、物理学、化学、生物学、地球科学、天文学などの総称です。

 繰り返しますが、既存の科学=『自然科学』にはITの観点がないのです。だから、そこにITの観点と技術をプラスして検証・研究を1からやりなおさなければいけません。それが、新しい科学の出発点と私は思っています。これからの新しい科学とは『ITと自然科学の融合』というわけです。そして『量子力学』とともに、協調しながら、切磋琢磨しながら、新しい時代を切り開いていくことになります。


 前置きが長くなりましたが、これで【序章】は終わりです。次からいよいよ<<本編>>に入っていきます。


 次回に続く(本編に突入!)

 
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。