スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空気を読めないこと」は悪いことなのか?の答え

障害者&障害グレーゾーン者
03 /11 2017
最近、というか、けっこう以前から、「空気が読めないことがつらい」と悩んでいる方が多くなりました。ですが、それについてははっきりとした答えがあります。今回はそれをお教えします。

その答えとは「空気は読まないことが正解。空気を読めないことを悩んではいけない。」です。

世の中のトラブルのほとんどは空気を読んであいまいな行動をするから起きています。そして、空気を読む人間は必ずといっていいくらいトラブルの原因を空気の読めない人間のせいにして責任転嫁をします。つまり空気を読む人間はトラブルが多く、人のせいにばかりするので、人間的に未熟だということが言えます。

実際に、IT業界では空気を読む人はやっていけません。かなり出来が悪いです。仕事ができる人は必ず空気を読まずに行動します。あいまいで適当なことは絶対にしないのです。これは絶対的なルールです。

今後はITがますます世の中に浸透してきます。IT業界がそうであるように世の中全体も空気を読んで行動することはタブーになります。ですので、空気が読めないことで悩む必要はないのです。

私も絶対に空気を読んで行動しません。空気を読んで行動してはいけないのです。肝に銘じましょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。