池上彰のメディア論・・・この人、終わっている

人工知能やロボットに負けない生き方
04 /16 2017
 池上彰氏のメディア論についての記事を読んだ。「ネットの情報は嘘ばかりだから人を引き付ける。テレビや新聞は真実しか報道しないので、その嘘に勝てない。だからメディア全体がだめになった」みたいなことを言ってるのだが、正直、終わっていると思う。この人は完全にテレビなどの大手マスコミ側の人間だから役割的にそういうことを言うしかないのだろうけど、これでは、擁護しようがない。

 たまにこの人がテレビに出てるのを見る。テレビはあまり見ないのだけど、この人の露出は多いようなのでたまにテレビを見るとよく見かける。その時は人工知能やロボットについて解説していた番組だった。うんうん、内容はともかくとして、この人がこの手の話をするのはいいことだと思う。

 まぁ、それは、いいのだけど・・・この人って、ほんと、何も知らないド素人なんだよね。ほんとに何も知らない。でも、何も知らない評論家だからこそ、何も知らない素人にわかりやすく説明することができる。その点は見習いたいものだ。私が最も苦手とすることだ。そこは素直に尊敬しないといけないと思う。

 それに、この人、頭がいいね。自分が無知だということをよく知っている。けして、墓穴を掘るようなことは言わない。「人工知能やロボットが人間の仕事を奪う」ということを明言しているのだが、それに対してどうすればよいのかの対策は言わない。いえば墓穴を掘ることは目に見えているからだし、そこを無理していうほど、うぬぼれていないように見える。この人の役割を考えると人工知能やロボットの社会進出が人間にとって危機的な状況になるということを言っただけでも価値はあると思う。それも認める。この人の役割は大きい。

 しかし、このメディア論は残念でしかない。これでは最近の若者たちの論調にさえ完全に負けている。もう、この人の話に耳を傾けるのは有害でしかないと思う。

スポンサーサイト

ロボットによる農業改革【国がやろうとしていること】

人工知能やロボットに負けない生き方
04 /09 2017
 国がやろうとしていることをちょくちょくと調べてたりするのだけど、おもしろい。なんか、感心することがよくある。農業政策もそのひとつ。

 全体的に(経済や教育等も含めて)、ITの力を向上させることで日本を作り直そうとしているのだけど、特に力を入れているのが農業改革のようだ。農業にあまり興味がなかったのだけど、その内容には驚かされる。

 どうやら、農機具や農耕車両の自動運転化を本気で考えているっぽい。つまり、ロボットによる農作業の自動化をめざしているようなのだ。それと、今まで、農業を担ってきた高齢者の知識や技術をデータベース化していくようで、これにはビッグデータやら人工知能やらの技術が駆使されるのだろう。

 うーーん、今まで、国のやってることには懐疑的だったのだけど、やるべきことはやっていこうとしているようだ。日本の農業事情や食糧事情は多くの人が危機感を持っていて、対策が求められていたのだけど、ちゃんと考えてるようだ。単にマスコミや一般の人たちがそこに見向きもしないだけなんだな。というか、こういうの目立つようにやると必ずそれに反対する勢力がわんさかと出てくるので目立たないようにしてるんだろうけど。

 ロボットが農作物を耕し、人工知能が工程を管理し、食料を自動で調達できるようにする。そんな時代が来ようとしてる。

自己メモ:「同じことを何度もくりかえし時間をかけて説明してあげること」

日記・その他
04 /09 2017
 教室を運営するためにもう何年もいろいろ試行錯誤をしてきたのだけど、教えていることを理解してもらえないことが多い。技術的な話が多いから仕方ないこともあるが、生活上の悩みや人間関係のトラブルの相談もあったりするので、技術的な話だけではなく、そういう相談にもきちんと答えていきたい。

生活上の悩みや人間関係のトラブルといえども、その多くは解決策がある。にもかかわらず、理解はされないことのほうが多い。そちらのほうが技術の話よりもさらに難しいということ。

考える、考える。多くの場合、一度の説明では理解されない。技術的な話も同じだ。具体的に説明すればするほど、相手には難しく感じる。だから、同じことを何度も繰り返し、説明してあげる。

言い方を変え、表現方法を変え、そのうえで、同じことを、何度も何度も説明してあげる。その場で理解できなくとも次の機会に理解してもらえばよいと考える。とにかく、時間をかけて根気よく説明してあげる。

なにより、相談相手は最初の相談内容から別の話に移行していくことがよくある。この話のすり替えに注意する。

本人はそのつもりはないのだろうけど、悩みやトラブルがあると、ものごとの本質から逃げようとする。とにかくそこから逃げだしたい。結果、解決からどんどん遠ざかっていく。

だから、話を変えてきても、それに乗ってはいけない。きちんと、最初の段階の悩みトラブルを解決できるようにする。ただし、臨機応変な対応は必要である。

あぁ、人に教えるということがこんなに大変だったとは。今更だけど。

これからの子育てと子供の教育についての講座をやります

お知らせ
04 /08 2017
 まだ確定ではありませんが、次の講演は「これからの子育てと子供の教育」についてです。これからの時代、平成の次の新しい時代の、子育てや子供の教育について絶対に必要になってくる知識や取り組み方法を解説します。

 これからの子育てや子供の教育方法は今までとは大きく変わります。今後ますます盛んになる経済のIT化、社会全体のIT化に伴い、福祉の世界でもロボット介護や人工知能などが導入されていきますが、子育てや教育も同じです。

 あるいは、国や地方自治体の方針はどうなっていくのか、どう対応していけばよいのか?といった話や、そのほか、近年、増え続けている障害児の対応、あるいは、障害と診断されなくても発達障害のグレーゾーンでほかの子と同じように育てていいのかわからないといった問題などを取り上げて、わかりやすく解説します。

 私自身は子供はおらず、子育ての経験はありませんが、上記のようなITに関する取り組み、国や地方自治体の今後の取り組み方法、障害児や障害グレーゾーン児の取り扱いなどは、既存の育児・教育の専門家、あるいは医療や福祉の専門家では無理なのです。

 どうしても、今まではなかった新分野、特にITの専門的な知識が必要になってきます。今回はそういった内容の講座です。

予定:2017年7月16日(日曜日)(変更の可能性があります)
時間:14:00~16:00
場所:児島市民交流センター2F・第一会議室
費用:無料
用意するもの:筆記用具程度

また、詳細が決まり次第、追ってご報告させていただきます。

セリーグは巨人・広島の争いにヤクルトがどれだけ絡んでくるかの展開になりそう

日記・その他
04 /05 2017
カープが調子いいです。私の調子もいい。桜は今日明日くらいに咲きそう。うん、気分がいいですねぇ。

セリーグは早くも巨人と広島の争いになりそう。そこにヤクルトがどのくらい絡んでくるかの展開っぽい。
あとは横浜がいまいちな成績だけどそんなに悪いとは思わない。投打が噛み合えば立て直せると思う。そんな感じです。

え?阪神?

打線はいいと思うけど、守備がひどすぎますねぇ。投手陣はたまったもんじゃない。とはいっても、投手自身のエラーもすごく多いから自業自得なんだけど。

というわけで、まとめ。
巨人・広島の争いにヤクルトがどう絡んでくるか。横浜も投打が嚙み合えば立て直せると思うし、阪神も守備さえしっかりすればそこそこやれると思う。
以上、セリーグの感想でした!

うん、大丈夫だよな?なんか忘れてる気がするけど、なんだっけ?まぁ、いいか。


子育ての悩み相談、トラブル相談について

障害者&障害グレーゾーン者
04 /03 2017
 なぜだかよくわからないのだけど、子育ての悩みやトラブルについての相談に乗ったり、アドバイスしたりすることが多くなりました。「子供に障害がある場合の対応策」など、けっこう深刻な悩みが多いです。

 けれども、実は私は子供がいません。子育てなどしたことがありません。なのに、そういう相談に乗ったりアドバイスする立場になってしまう。そういうことをするつもりはないのだけど、まるで、それが役割かのようにそうなってしまう。

 たぶん、子供がいないからこそわかることがあるのでしょう。子育てをしなかったからこそ、見えるものがある、ということでしょう。あえてここでは書きませんが。

 今後も子育ての悩み相談、トラブル相談は受けていくつもりだし、アドバイスもしていくつもりです。自分でもよくわからないが、そういう役割なのでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。