【第9回】タイムマシンの作り方 ⇒ 第一章・新しい時代のはじまり ⇒ 昭和の時代のまとめ(2)

【第一章】新しい時代のはじまり
03 /20 2017
【第9回】タイムマシンの作り方 ⇒ 第一章・新しい時代のはじまり ⇒ 昭和の時代のまとめ(2)

 その前に、まず、昭和の時代の定義から説明します。昭和の時代は戦前・戦中と、戦後で大きく異なります。ここでは『戦後の時代』を昭和として定義します。ですので、昭和21年以降を対象とさせていただきます。戦前・戦中の時代は対象外として解説していきますのであしからずご了承ください。それでは、昭和の時代を解説していきます。
 

a.教育について
 
 ・学歴重視
 
 『昭和の時代』は完全に学歴社会です。とにかく良い学校、良い学習塾に通い、あるいは良い予備校に通い、猛勉強して一流の大学に合格することが一番の目標であり、それが最も優秀な人間とされました。

 一流の大学を卒業すれば一流の企業や一流の組織・団体(国の機関等)に就職することができ、後は年功序列で昇給も昇進も安泰となります。ですので、一流の大学に合格することが人生で最も大切で重要なこととされたのです。
 
 一方、学歴が低い者はまったく評価をされません。特に『中卒者』=義務教育しか受けていない者、または、高校を中途退学した者は、人間扱いされないほど評価が低く、まともに就職も結婚もできない時代でした。
 
 昭和の時代の『教育』は平成やほかの時代の『教育』と比べて大変に厳しいという印象です。
 
 ・受験戦争
 
 昭和は日本の歴史上の中で最も人口が激増した時代であり、そのために競争が激しくなった面があります。その状況を指して『受験戦争』と呼ぶほどです。
 
 最も受験戦争が厳しかったのは『団塊ジュニア』と呼ばれる世代です。『団塊ジュニア』は、第一次ベビーブームで生まれた『団塊の世代』の子供たちが多く、第二次ベビーブーム世代ともいわれます。主に1970年代の生まれであり、最も厳しい教育を受けた世代といえます。さらに『団塊ジュニア』の世代は就職時期が氷河期であり、就職活動も大変に厳しい状況となりました。

 ちなみに私自身ですが、少し特殊な年に生まれました。1966年に生まれた日本人、つまり、昭和41年生まれは、いわゆる丙午(ひのえうま)という世代です。丙午生まれは人数が極端に少なく、昭和時代の唯一の少子化世代でもあります(戦争の影響が大きかった昭和21年生まれを除く)。そのため、受験戦争という過酷な状況は発生しませんでした。就職時期もバブル期と重なったこともあり競争が過酷だったわけではありません。比較的、競争が楽な世代だったといえます。ですので、私と同世代はほかの世代と比べると、性格的に少々ぬるい印象があるような気がします。
 
 ・教育ママ
 
 昭和の時代は教育ママが問題になりました。教育ママとは、人生のすべては学歴で決まると思い込んでいる女性が自分の子供に大きな期待を抱いて高等な教育を押し付ける母親のことです。父親の場合は教育パパといいます。自身が低学歴の場合が多く、そのコンプレックスから子供に過度な期待をするようです。躾(しつけ)と称して行き過ぎた行為での虐待行為もあり、教育問題以前に人間としてどうなんだという問題があったようです。
 
 ・ほか
 
 この時代は圧倒的に教師の権限が強い時代でした。体罰など当たり前で、教師に対する反発行為はけして許されませんでした。一時期、生徒側の校内暴力が話題になり、問題になりましたが、それでも教師の生徒に対する暴力よりは圧倒的に些細な事象でした。ほんの少しの生徒の暴力が大きな問題になる時代だったのです。教育熱は高い時代ですが、教師の人間性についてはかなり未熟な者が多く、教育者側のみを見ると最低最悪の時代であったといえます。
 
 
 次回に続く
スポンサーサイト

【第7回】タイムマシンの作り方 ⇒ 第一章・新しい時代のはじまり ⇒ 平成の終わり

【第一章】新しい時代のはじまり
03 /19 2017
 さて、いよいよ本編に突入です。ですが、タイムマシンの具体的な話はまだ先です。当然のことですが、そう簡単に理解できるしろものではないのです。タイムマシンが誕生して成長していくうえでの時代背景を知る必要があります。時代の変化、社会の変化、そして、テクノロジーの変化が重要なのです。というわけで、ここでは、まず、この先、時代や社会がどう移り変わっていくかを考えることにします。
 
【第7回】タイムマシンの作り方 ⇒ 第一章・新しい時代のはじまり ⇒ 平成の終わり
 
 もうすぐ、平成が終わります。天皇陛下が生前退位の意向を示されたことで、平成が終わることがほぼ決定的となりました。まだ、正式には決まっていませんが、5月の国会でほぼ確定するようです。
 
 これで、平成は30年で終わることになります。つまり、西暦2018年の12月31日をもって平成は終了します。翌、西暦2019年の1月1日は平成31年ではありません。その日は新元号の元年の1月1日となる予定です。新元号の名称もこの元年の1月1日の半年から1年前に決定するようで、いよいよ、新しい時代の幕開けとなるのです。
 
 新しい時代はどんな時代でしょう?どんな社会になるのでしょうか?「何も変わらないよ。平成の延長でしかない。」と、思うでしょうか?
 
 いいえ、平成の延長にはなりません。新しい時代は平成とは全く違う時代になります。昭和と平成の時代がまったく違うのと同じことです。いえいえ、昭和と平成の違い以上にまったく違う世界になることでしょう。もちろん、昭和のような時代が戻ってくることなんてありません、あるはずがありません。
 
 ここでは、新しい時代がどんな時代になるかを考察していきます。ですが、その前に昭和の時代から平成の時代へとどのように移り変わったかを見直して、その後、どのように新しい時代へと移り変わってゆくかを知る必要があります。そのことで、どんな未来がやってきてどのように生きたらいいかもはっきりと見えてくるのです。
 
 しかし、次の時代がどんな時代になるかは、ある程度、はっきりとわかっていることでもあります。これは誰もが知っていることで、テレビでも雑誌でもネットでも当たり前のように言われていることです。

 そう、専門家も専門家でない方でも、誰もが言ってること、誰もが知っていることがあります。何度も、嫌というほど聞かされたことでしょう。それは、人工知能やロボットの社会進出です。『人工知能やロボットが人間の仕事を奪っていく』。本当に嫌になるくらいこの手の話が溢れまくっています。そして、残念ながらそういう時代は確実にやってきます。つまり、もう、平成とはまったく違う時代になることが確定的だということです。

 タイムマシンもその過程で生まれてきます。最初は何でもないような小さな機能しか持たない些細な存在として誕生しますが、次第にほんの小さな技術の積み重ねで成長していき、やがては国の経済や世界の秩序をまとめて変えてしまうほど大きな影響力を持つようになります。
 

 では、これからの未来への社会変化を考察するうえで、過去の社会変化を見直すとしましょう。まずは、昭和の時代から平成の時代へとどのような変化があったのかの検証です。
 
 
次回へ続く
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。